ゴールデンウィーク中の「交通事故死者数」は118人|平成28年

2016年の大型連休(4月29日~5月8日の10日間)において、交通事故で亡くなった人は全国で118人。発生件数は9999件で、負傷者は1万2768人。

都道府県別で死者が最も多かったのは埼玉県で8人。年代別では65歳以上の高齢者が55人で最も多い。昨年に比べ事故件数は減少したものの、死者数が増加しています。

交通事故の発生状況

概要

  • 交通事故件数:9999件(前年同期比:-2703件)
  • 死者数:118人(前年同期比:+5人)
  • 負傷者数:1万2768人(前年同期比:-3281人)

1日平均で約1,000件の事故が発生し、約1,277人が負傷し約12人が亡くなっています。また飲酒運転による交通事故も69件発生し、8人が亡くなっています。

行楽者の死亡事故

  • 死者数:26人
  • 件数:24件

多く発生した日

  1. 5月3日(火):16人
  2. 4月29日(金):15人
  3. 5月6日(金):15人

年代別死者数

  • 65歳以上:55人
  • 40代:13人
  • 50代:10人

高速道路での死亡事故

  • 件数:8件
  • 死者数:12人

死亡事故の多い都道府県ワースト3

  1. 埼玉県:8人
  2. 新潟県:7人
  3. 山口県:7人

死者が0の都道府県

  • 山形県
  • 奈良県
  • 鳥取県
  • 長崎県
  • 熊本県

主な交通死亡事故

2名以上の死者を出した重大事故

  • 5月1日(日):青森県の上北道路下りで、普通乗用車が左側側溝に逸脱。運転者及び
    同乗者の2名が死亡。
  • 5月3日(火):山口県の山陽自動車道下りで、中型貨物車が渋滞停止中の普通乗用車等に追突。普通乗用車の同乗者3名が死亡。
  • 5月4日(水):福島県の常磐自動車道下りで、普通乗用車が、簡易中央分離施設を突破し、対向車線を順行中の大型バスに衝突するなど関係車両3台の多重衝突。普通乗用車の運転者及び同乗者が死亡。大型バス等の乗員40名が負傷。
  • 5月6日(金):埼玉県の関越自動車道上りで、普通貨物車①が、故障により停止中の普通貨物車②に衝突。普通貨物車①の同乗者2名が死亡。

関連ページ