七飯町で行方不明の田野岡大和くんが保護されました。

平成28年6月3日(金)朝、北海道鹿部町で幼い男の子が見つかり、保護されました。

男の子は警察に対して5月28日から、北海道七飯町の山林で行方不明となっている北斗市の小学2年生、田野岡大和くん(7)と名乗っているということです。

目立ったケガ等はないとのこと。現在警察で身元を確認中とのことです。

田野岡大和くん

無事保護

追記(これまでの経緯)

  • 「不明当日から演習場内にいた」「一人で山の中を歩いて来た」とのこと。
  • 大和くんであることが、ご両親によって確認されました。
  • 「土曜の夜に歩いて小屋にたどり着いた」と話しているとのこと。食べ物はもっておらず、服装は行方不明時と同じ。
  • 6月3日(金)午前7時50分ごろ、北海道鹿部町の駒ヶ岳演習場内(七飯町の山林から、北に約4キロ)で発見されたということです。(自衛隊員が寝泊まりする建物の中)
  • 隣接する鹿部町で、演習をしていた自衛隊員が6日ぶりに男の子を発見し保護。

無事に見つかって本当に良かったです。警察や消防、自衛隊の方々、捜索に携わった地元の方々、お疲れさまでした。

不審者・子供の行方不明対策に、ALSOKの「まもるっく」