名古屋市中区新栄で発砲事件。暴力団幹部が死亡

平成28年7月15日(金)午後4時半すぎ、愛知県名古屋市中区新栄2丁目の「三宝ビル」で、暴力団組員の男性(64)が拳銃で撃たれ、心肺停止で病院に運ばれました。

2人組の男がビルの4階にある部屋に押し入り、中にいた男性1人を拳銃で撃ったとのことです。また最初に消防へ通報したのは、部屋にいたもう一人の知人男性。

追記

  • 9月7日、殺人などの容疑で、名古屋市の片倉竜理 容疑者(47)、山口組系の元暴力団員の三井樹 容疑者(44)、住所不定無職の横山正美 容疑者(65)の3人が逮捕されました。
  • 事件の約1時間後に、車が燃えた神社の駐車場(昭和区)近くの喫茶店で、不審な2人組の男(いずれも20代前半くらい)が目撃されており、警察では関連を調べています。
  • 死亡した暴力団員から違法な薬物の反応が出たとのことです。また現場に一緒にいて最初に通報した男も覚醒剤使用の疑いで逮捕されています。
  • 死亡した男性は、「神戸山口組」系の3次団体(山健組傘下)で、名古屋に本部を置く暴力団「健仁会」幹部の斉木竜夫(64)組員とのことです。
  • 午後4時50分ごろ、名古屋市昭和区にある神社の駐車場で、乗用車が燃えているとの通報。(約40分後に鎮火)新栄の事件で逃走した車と似ているため、警察では関連を調べています。
  • 撃たれた男性の死亡が確認されました。

発砲事件の概要

  • 発生日時:平成28年7月15日(金)午後4時40分ごろ
  • 発生場所:愛知県名古屋市中区新栄2丁目16-14|三宝ビル
  • 被害者:斉木竜夫(64)組員|神戸山口組系の暴力団「健仁会」

▲現場付近の地図(地下鉄東山線「新栄駅」から、南へ約350メートルにあるビル)「飯田街道」から市道に入った場所。

▲付近の道路(Googleストリートビューから)

周辺には「白山中学校」などがあります。

犯人の2人は逃走中です。暴力団による抗争事件の可能性もあり、十分な警戒が必要です。

昭和区御器所の神社駐車場で乗用車が燃える

  • 発生日時:午後4時50分ごろ
  • 発生場所:昭和区御器所(ごきそ)2丁目の神社駐車場(現場から南へ約2キロ)
  • 状況:シルバーの乗用車が燃える。

警察では、犯行に使われた逃走車両とナンバーや特徴が似ていることから、証拠隠滅を図って火をつけたと見ています。

健仁会の概要
  • 本部所在地:愛知県名古屋市千種区今池
  • 組織:神戸山口組「山健組」の傘下で3次団体

上部団体の四代目山健組(組長:井上邦雄)は、2015年8月に「山口組」を離脱した「神戸山口組」の組長であり、同団体の中核組織。構成員数は約4000人とのことです。

最近の拳銃を使った抗争事件
トップへ戻る