相模原市の「津久井やまゆり園」で、十数人が刺される殺人事件が発生

平成28年7月26日(火)未明、神奈川県相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」に、刃物を持った男が押し入り、入所者十数人を刺す事件が発生。

午前4時50分現在で、2人が心肺停止とのこと。警察の発表では午前3時すぎに、津久井警察署(相模原市)に男が出頭し、「私がやりました」と話しているとのことです。

追記

  • 相模原市によると、死亡したのは19人とのことです。負傷者は26人で、このうち20人は重傷とのことです。
  • 殺人未遂などで逮捕されたのは、元職員の 植松 聖うえまつ さとし 容疑者(26歳)とのことです。(殺人容疑に切り替えるとのこと)
  • 出頭したのは元職員の男(26)と見られています。
  • 報道によると午前5時30分現在で、19人が心肺停止で、20人が重傷とのことです。(15人の死亡が確認され、45人がけがとの情報もあります。

事件の概要

  • 発生日時:平成28年7月26日(火)午前2時56分ごろ(通報時)
  • 発生場所:神奈川県相模原市緑区千木良476
  • 発生施設:津久井やまゆり園|知的障害者の入所施設
  • 状況:入所者の十数人が刺され、2人が心肺停止、6人が重傷とのことです。

※運営は「社会福祉法人かながわ共同会」

▲付近の地図

津久井やまゆり園

同施設のホームページから

神奈川県の「強度行動障害対策事業」を行っている施設

同施設には、知的障害のある18歳から75歳の149人(定員150人)が入所しているとのこと。

津久井やまゆり園は相模原市を拠点として、当園を利用されているご本人への直接支援に加えて、支援に関わる相談や助言、強度行動障害の予防的支援(施設・家庭訪問等)、啓発・普及および、研究・研修を行っています。
事業実施施設に入所し、施設内での承認を得た後に、家族の同意を得てから、市区町村を通じて神奈川県へ申請します。

「津久井やまゆり園」のホームページから

関連記事
トップへ戻る