東京都港区の地下鉄「青山一丁目駅」で、盲導犬を連れた男性が転落

平成28年8月15日(月)夕方、東京都港区の東京メトロ銀座線の「青山一丁目駅」で、男性がホームから線路に転落し、意識不明の重体となる事故が発生。

東京メトロなどによると、男性は盲導犬を連れていたととのことです。

追記

  • 転落した男性(55)は、亡くなられたとのことです。

事故の概要

  • 発生日時:平成28年8月15日(月)午後5時45分ごろ
  • 発生場所:東京都港区の東京メトロ銀座線の「青山一丁目駅」ホーム
  • 状況:盲導犬を連れた男性(55)がホームから転落し、病院に運ばれたが約3時間後に死亡。

※盲導犬はホームに残っていたとのことです。

視覚障害者の事故

目の不自由な方が、事故に遭うケースも目立っています。

白杖(はくじょ)を持つ方や、盲導犬を連れている人を見かけたときは、周りの人が安全を配慮することが必要です。※白杖は視覚障害者の方が持つ白い杖です。

トップへ戻る