お盆期間中の交通事故状況(2016年)

警察庁は、平成28年のお盆期間中(8月9日~18日)における「交通事故発生状況」を発表。交通事故による死者数は、全国で105人です。

前年同期と比べて、1人(-0.9%)の減少となっています。

交通事故発生状況

  • 期間:平成28年8月9日~18日
  • 発生件数:13,926件
  • 死者数:105人(前年同期と比べて、1人減少)
  • 負傷者数:18,141人

65歳以上の高齢者が53人で、全体の50.5%を占めています。死者数がもっとも多かったのは、愛知県で7人の方が亡くなっています。

お盆の交通事故発生状況

拡大表示します。

交通死亡事故ワースト3

  1. 愛知:7人
  2. 大阪府、福岡県:6人
  3. 岩手県、栃木県、神奈川県、長野県、静岡県:5人

死者数0は、埼玉県、山梨県、岐阜県、奈良県、山口県、長崎県、宮崎県、沖縄県でした。

高速道路での死亡事故

  • 発生件数:6件
  • 死者数:6人

飲酒運転による交通事故

  • 発生件数:67件
  • 死者数:6人

飲酒運転根絶への啓発、厳罰化にも関わらず事故が発生しています。

平成28年のゴールデンウィークは?
  • 交通事故件数:9999件(前年同期比:-2703件)
  • 死者数:118人(前年同期比:+5人)
  • 負傷者数:1万2768人(前年同期比:-3281人)
関連記事