JR博多駅前の道路で大規模な陥没。避難勧告が出ています。

平成28年11月8日(火)早朝、福岡市の博多駅前2丁目交差点付近で、道路の5車線が約15メートルにわたって、大規模に陥没。周辺で避難勧告が出ています。

  • 午前9時時点では、けが人などの情報はないとのことです。
  • 現場周辺や福岡空港の国際線ターミナルで、およそ170戸が停電しているとのことです。また一部の銀行でATMなどが停止しているとのことです。
  • 陥没した道路では、破裂した水道管から大量の水が流れ込んでいるとのことです。

避難勧告の概要

※11月8日(火)10時30分現在

避難勧告の出された場所

  • 博多駅前2丁目3番12号,14号
  • 博多駅前2丁目5番5号,7号
  • 博多駅前3丁目25番21号
  • 博多駅前3丁目26番1号,29号

避難場所

  • 堅粕公民館,東住吉公民館

道路陥落の概要

  • 発生日時:11月8日(火)午前5時ごろ
  • 発生場所:福岡県福岡市博多区のJR博多駅前の道路
  • 負傷者など:情報なし(午前9時現在)
  • 原因:詳しい原因は調査中

現場付近で地下鉄を延伸する工事が行われており、トンネルを掘る作業をしていたところ、水が流れ込んだとのことです。

トップへ戻る