津市のセルフ式ガソリンスタンドで連続強盗

平成29年1月13日(金)早朝、三重県津市内のセルフ式ガソリンスタンドで、釣り銭の機械を壊し現金を盗もうとした男が店員に重傷を負わせるなど、強盗致傷事件が連続して発生。

警察では手口が似ていることから、同一犯による連続強盗とみて捜査しています。

追記

  • 住所・職業不詳の稲田俊二 容疑者(40)、愛知県大治町のとび職、桶屋裕也 容疑者(20)の2人が逮捕されました。松阪市や津市で相次いだ車の盗難や燃やされる事件について、1月に逮捕されており再逮捕とのことです。

事件の概要

津市内で3件のガソリンスタンドが被害にあっています。

津市久居井戸山町GS

  • 発生日時:平成29年1月13日(金)午前5時前
  • 発生場所:三重県津市久居井戸山町地内
  • 被害金額:2,000円
  • 負傷者など:なし

津市栗真中山町のGS

  • 発生日時:平成29年1月13日(金)午前5時半ごろ
  • 発生場所:三重県津市栗真中山町地内
  • 被害金額:なし
  • 負傷者など:店員が左腕を骨折する重傷
  • その他:バールのようなものを所持。

津市一身田大古曽のGS

  • 発生日時:平成29年1月13日(金)午前5時45分ごろ
  • 発生場所:三重県津市一身田大古曽地内
  • 被害金額:約24万円
  • 負傷者など:なし

犯人の特徴

  • 性別:男
  • 年齢:不詳
  • 身長:不詳
  • その他:黒っぽい服装を着用。帽子をかぶり、手袋をしていた。

※白っぽい車(セダン)が目撃されています。

目撃情報などの通報先
  • 津警察署(三重県警):059-213-0110
関連記事
トップへ戻る