安城市の「JR東海道線」で、車と電車の衝突事故

平成29年3月2日(木)午前、愛知県安城市上条町のJR東海道線の踏切で、普通電車と乗用車が衝突し、運転していた人が死亡。

豊橋発岐阜行きの普通電車(6両編成)で、先頭車両が脱線しています。また乗客280人のうち3人が体調不良を訴え病院へ搬送されています。

愛知県の蒲郡と刈谷の間の上下線で運転を見合わせています。正午現在で再開の見通しは立っていないとのことです。

追記

  • 車の所有者は、愛知県警本部に勤務する男性警部補(40代)と判明。運転していた人も警部補の可能性があるとみて、身元の確認をしています。
  • 2日午後8時までに、上下線とも運転が再開されました。この事故で8万7千人に影響が出ています。

事故の概要

  • 発生日時:平成29年3月2日(木)午前6時55分ごろ
  • 発生場所:愛知県安城市上条町地内のJR東海道線の踏切
  • 死傷者など:乗用車を運転していた1人が死亡。乗客4人が体調不良など

▲愛知県安城市上条町地内の地図(Googleマップから)安城駅から約1.5キロの場所。

トップへ戻る