那須町の「那須温泉ファミリースキー場」で雪崩。高校生らが死傷

平成29年3月27日(月)午前、栃木県那須町の「那須温泉ファミリースキー場」で雪崩(なだれ)が発生。高校生らが死傷。

高校生らは25日から「春山安全登山講習会」に参加中だったとのことです。

追記

  • 心肺停止だった8名は、その後死亡が確認されています。亡くなったのは男子生徒7名と引率していた教諭の1名。
  • 負傷者は40名。
  • 16時現在心肺停止が8名、重傷者2名、行方不明者は3名。
  • 心肺停止の6人は大田原高校の生徒。
  • 心肺停止の人は8名で負傷者は8名。
  • 行方不明の4名は発見されたとのことです。(負傷の有無などを確認中)
  • 13時現在で4名が行方不明、8人が負傷しているとのことです。
  • 11時現在で7名が雪崩に巻き込まれ、6名が心肺停止の状態とのことです。その他3人が行方不明、3人が負傷しています。
  • 雪崩が発生したのは、第2ゲレンデとのことです。
  • 県内の7つの高校から山岳部の生徒(1年生~2年生)41人と教員11人の62名が参加していたとのことです。

参加していた高校

  • 大田原高校
  • 矢板中央高校
  • 宇都宮高校
  • 真岡高校
  • 真岡女子高校
  • 那須清峰高校
  • 矢板東高校

事故の概要

  • 発生日時:平成29年3月27日(月)午前9時20分ごろ
  • 発生場所:栃木県那須郡那須町湯本の「那須温泉ファミリースキー場」

雪崩は標高約1,200メートルの斜面で発生。長さ200メートルから100メートル以上にわたって滑り落ちています。

▲那須温泉ファミリースキー場の場所

亡くなられた方

  • 矢板市荒井、高瀬淳生さん(16)
  • 那須塩原市東豊浦、浅井譲さん(17)
  • 大田原市狭原、佐藤宏祐さん(16)
  • さくら市氏家、奥公輝(まさき)さん(16)
  • 高根沢町宝積寺、萩原秀知さん(16)
  • 那須塩原市大原間、大金実さん(17)
  • 那須町寺子丙、鏑木(かぶらぎ)悠輔さん(17)
  • 大田原市本町1丁目、毛塚優甫(ゆうすけ)さん(29)

心よりご冥福をお祈りいたします。

当日の気象状況

宇都宮地方気象台は、同県北部に26日午前10時から「雪崩注意報」を出していたとのことです。(27日午前9時の積雪は、気象台が那須高原に設置している観測点で33センチ)

また3月下旬の積雪としては、観測史上2番目。「表層層雪崩」が発生したと見られています。

栃木県スキー場の雪崩

▲ライブカメラ映像のキャプチャ

「表層雪崩」とは、昼間の気温上昇で溶け始めた雪が、夜間の気温低下で再び凍った状態で、その上に新雪が積もった場合に発生しやすくなる雪崩。春先に多く見られます。

関連記事
トップへ戻る