東名高速(新城パーキングエリア付近)で観光バスの事故

平成29年6月10日(土)午前、愛知県新城市の東名高速道路上り線(新城パーキングエリア付近)で、観光バスと乗用車が衝突する事故。

20人以上が負傷しているもよう。

乗用車は中央分離帯を乗り越えて反対車線に飛び出し、バスと衝突したと見られています。ケガの程度など詳細は不明。

午前10時現在、愛知県の「豊川インターチェンジ」と静岡県の「三ヶ日ジャンクション」の間で、上下線とも通行止めとなっています。 (解除されました)

乗用車の運転手が死亡しています。

事故の概要

  • 発生日時:平成29年6月10日(土)午前7時半前
  • 発生場所:愛知県新城市の東名高速道路上り線(新城パーキングエリア付近)
  • 負傷者など:20名以上(いずれも軽傷)

バスの運行会社は「東神観光バス」で、愛知県豊川市の旅行会社「トラベル東海」がチャーターしており、愛知県豊川市の町内会のメンバーが乗車していたとのことです。

観光バスには40人前後が乗っており、少なくとも10人以上が負傷しているとのこと。

トップへ戻る