愛知県扶桑町の高校での落雷死亡事故

平成26年8月6日午後1時15分ごろ、愛知県扶桑町の「私立誠信高校」で、雷がグラウンドに落ち、野球部の練習試合をしていた生徒が亡くなる事故。

愛知県犬山警察署によると、練習試合は同日午後0時40分に始まり、雨のため午後1時ごろに一旦中断。約10分後に青空が広がったため再開した直後に雷が落ちた。マウンドにいた生徒(投手)が倒れたという。グラウンドを囲むネットの柱(約25m)には、12本の避雷針が設置してあった。

落雷死亡事故の概要

  • 発生日:2014年(平成26年)8月6日午後1時15分ごろ
  • 落雷事故の発生場所:私立誠信高校(住所は愛知県丹羽郡扶桑町斎藤本新須1)のグラウンド(運動場)※マウンドの高さ40cm。
  • 亡くなられた方:高校2年(17)(身長165cm)の男子生徒。(事故当初重体で、翌日(8月7日)に多臓器不全で死亡)
  • 事故直後には、倒れた生徒にAED(動体外式除細動器)などを使って蘇生を試み、その後ドクターヘリで搬送。
  • 落雷時には、晴れ間が見えていた。(雷は積乱雲の下以外にも、横方向にも落ちます。)

※落雷事故では高圧の電気によるショック(感電)で、心肺停止になる場合がほとんどです。

▲私立誠信高校の場所(Googleマップ)

落雷のあったグラウンド(学校の運動場)

落雷のあったグラウンド

落雷のあったグラウンド

落雷当日の気象状況

愛知県内では、8月6日午後から大気の状態が不安定になり、各地で落雷が発生し雷注意報が出ていた。また名古屋市守山区では1時間に100mmのゲリラ豪雨(記録的短時間大雨情報を発表)があり、道路が冠水するなどした。事故のあった扶桑町は、愛知県北部に位置し、犬山市に近い場所です。

気象庁が出す雷に関する警戒情報では、雷注意報のみです。警報はありません。(落雷をピンポイントで予測できないため)雷注意報が出たら、充分な警戒と避難準備が必要です。

事故当時は、雷注意報が出ていた。

事故当時は、雷注意報が出ていた。

屋外にいて雷が鳴ったら、すぐに避難が重要

事故のあった高校の野球部監督によると、雨のため練習を一旦中断。約10分後に青空が広がったため、再開した直後に雷が落ちたとのこと。

  1. 晴れ間が見えても雷が鳴っている雲(積乱雲)の範囲内であれば、落雷の危険性がある。(雷の音が遠くても、雷雲の範囲であれば油断しないこと。)
  2. 今回の事故では避雷針に落雷せず、グラウンド(運動場)にいた人に直撃している。
  3. 「雷注意報」が出されていることを知らなかった。

グラウンドや公園などの屋外活動中で、周りに建物がない場合は特に注意が必要です。雷雲の移動速度は、時速10km~40km。雷が遠いと判断しても油断せずに、早めの避難が重要です。また金属製品を身につけていても危険性に差はありませんが、傘などの突起物は危険です。

避雷針については、避雷針の高さの約半分しか保護範囲になりません。さらに今回の事故の様に、運動場など広い場所では、人に落ちる場合もあります。(避雷針は建物を守る効果はあっても、屋外や運動場など広い範囲を守ることはできない。)

屋外でのスポーツ、レジャーでは、ラジオを準備し気象情報に注意が必要です。

落雷事故を防ぐために。

落雷事故を防ぐために。

雷を発生させる積乱雲が見えたら・・・

雷は高い位置に落ちる。

雷は高い位置に落ちる。

  1. 頑丈な建物や車の中に避難。軒先は危険です。自動車の車内は安全です。しかし自転車、オートバイは危険なため、すぐに降りて避難する。
  2. 近くに避難場所がない場合は、姿勢を低くする。ただし落雷があった場合、電気(約1億~3億ボルト)がぬれた地面を伝わる場合があるため、手は地面をつかない。(ひれ伏さない)
  3. 木の下なども危険なため、避難場所にしない。傘なども使用しない。木や電柱からは、4m以上離れる。
  4. 木造住宅の場合は、できるだけ部屋の中央で待機。窓際は危険です。また入浴、シャワーは避けたほうが安全です。
雷までの距離(目安)
  • ラジオに「ガリガリ」という雑音が入ると約50km
  • ゴロゴロと雷の音が聞こえたら約10km
  • 稲光と雷鳴の間隔が3秒の場合、落雷地点までの距離が約1km

落雷事故での年間被害者数は平均約20人(死亡者数は13.8人)です。※被害者の70%が死亡。最近はゲリラ豪雨の発生など、急激な積乱雲の発生による、局地的な雷や竜巻も目立っています。十分な注意が必要です。

落雷事故を防ぐポイントをまとめています。