京都市伏見区の「セブンイレブン」でコンビニ強盗が連続

平成29年8月25日(金)未明、京都市伏見区の「セブンイレブン淀池上町店」など3店舗で、強盗被害が連続して発生。

犯人はアルバイトの店員を刃物で脅し現金を奪っています。店員にケガなどはないとのことです。また最初の事件から約5分ほどの間に、半径約500メートル以内にあるコンビニ店(2店舗)にも押し入っています。(2店舗はいずれも未遂)

警察は同一犯による連続強盗事件とみて、捜査しています。

事件の概要

  • 発生日時:平成29年8月25日(金)午前2時ごろ
  • 発生場所:京都府京都市伏見区淀池上町(よどいけがみちょう)地内
  • 被害店舗:セブンイレブン淀池上町店(他2店舗で未遂)
  • 現金などの被害:約15万円
  • 負傷者など:なし

▲最初の事件のあった店舗付近(京阪本線「淀駅」から南へおよそ300メートル)

犯人の特徴

  • 性別:男
  • 年齢:不詳
  • 身長:不詳
  • 体型:不詳
  • 服装等:上下黒色の服(かっぱのようなもの)を着用。黒っぽいヘルメットかサンバイザーで顔を隠していた。自転車で逃走しています。
  • その他:刃物を所持。
目撃情報などの通報先
  • 伏見警察署(京都府警):075-602-0110
関連記事
トップへ戻る