名古屋市南区でひき逃げ重傷事故

平成29年9月13日(水)未明、名古屋市南区の柴田本通交差点で、乗用車と軽自動車が衝突する事故が発生。軽自動車を運転していた男性が重傷を負っています。

乗用車の運転手は車を放置したまま現場からいなくなっており、警察はひき逃げの容疑で捜査しています。

追記

  • 危険運転傷害とひき逃げの疑いで、名古屋市守山区の会社員、佐渡誠治 容疑者(32)が逮捕されました。飲酒運転で事故を起こし逃げていたとのことです。

事件の概要

  • 発生日時:平成29年9月13日(水)午前3時半ごろ
  • 発生場所:愛知県名古屋市南区柴田本通1丁目の交差点(国道247号線)
  • 被害者:男性(50)が骨盤を折る重傷を負っています。

▲事故現場付近の交差点(柴田本通り1丁目)|Googleストリートビューから


平成26年5月20日から「自動車運転死傷処罰法」が施行され、飲酒運転で事故を起こした場合に発覚を逃れるため、その場から離れた場合には「発覚免脱罪」が適用されます。

※逃げた本人が酔っているかに関係なく、飲酒状態であれば処罰されます。

12年以下の懲役刑が課され、自動車の過失運転致死傷罪やひき逃げの罪と併せた場合、最高で18年の懲役に処せられます。

目撃情報などの通報先

  • 南警察署(愛知県警):052-822-0110
愛知県に「交通死亡事故多発警報」が出されています。
  • 期間:平成29年9月4日(月)から9月13日(水)
  • 地域:愛知県全域

愛知県内の交通事故発生状況(9月12日現在)

  • 人身事故件数:2万7114件
  • 負傷者数:3万3261人(うち重傷者は690人)
  • 死者数:134人 (全国ワースト1)

※愛知県警の公表データーから。

関連記事
トップへ戻る