秋の交通安全週間2014年(平成26年)|大分県

平成26年の「秋の交通安全運動」は、9月21日(日)~30日(火)です。

大分県では8月31日までに、交通事故で36人の方が亡くなっています。今回の交通安全テーマは、子供と高齢者の交通事故防止です。

重点項目

  • 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止(特に、反射材用品等の着用の推進及び自転車前照灯の点灯の徹底)
  • 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  • 飲酒運転の根絶

秋の交通安全運動2014年ポスター

秋の交通安全運動ポスター|平成26年

交通事故発生状況(平成26年8月末まで)

  • 発生件数:3243件
  • 死亡事故(亡くなった人):36人
  • 負傷者:4229人(重傷278人、軽症3951人)

秋の交通安全運動の概要

  • 正式名:秋の交通安全運動
  • 実施期間(予定):平成26年9月21日(日)~30日(火)

運動の重点項目

  1. 脇見運転の防止 ~ 脇見せず 前見て走ろう 大分県 ~
  2. 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止(特に、反射材用品等の着用の推進及び自転車前照灯の点灯の徹底)
  3. 全ての座席のシートベルト着用とチャイルドシートの正しい使用の徹底
  4. 飲酒運転の根絶

取り組み項目

  1. 9月22日(月)早朝街頭啓発
  2. 9月26日(金)夕刻街頭啓発
  3. 9月30日(火)交通事故死ゼロを目指す日