クマに襲われ男性死亡(高山市)

岐阜県高山市のリンゴ畑で、近くに住む男性が顔から血を流して死亡しているのが見つかる。傷跡からツキノワグマに襲われた可能性。

事故の概要

  • 発生日時:平成26年11月6日午前7時45分ごろ
  • 事故の場所:岐阜県高山市丹生川町瓜田のリンゴ畑
  • 被害者:男性(74)
  • 被害状況:顔やのどにクマの爪とみられる引っかき傷が数カ所あり、死亡が確認された。

事故現場付近の地図(googleマップ)

事故現場

リンゴ畑の周囲には、高さ60センチほどの獣害対策用の電気柵が張り巡らされているが、原田さんが襲われた場所近くの柵の下には深さ40センチほどの土を掘った形跡があり、そこからクマが侵入したとみられる。岐阜県内で熊による死亡事故は、記録が残る1999年以降で初めてです。

高山市内では、ツキノワグマの目撃例が300件以上と過去最多

平成26年(2014年)は、市内で住民がクマを目撃したとの情報が300件以上あり、統計を取り始めた2006年以降最多です。餌となるドングリが森で不作となっているのが原因と見られています。付近の方は十分にご注意ください。

関連記事

爆竹で熊対策