名古屋市北区でタクシー強盗が発生。運転手は負傷。

平成27年10月11日(日)早朝に、愛知県名古屋市北区でタクシーの乗客が運転手の顔を殴るなどし、約9,000円のタクシー料金を支払わずに、逃走する強盗致傷事件が発生。

愛知県一宮市内で男性2人を乗せ、途中で一人を降ろした後、もう一人を名古屋市北区のマンション駐車場で降ろした際、料金の支払いを伝えたところ暴行を受けたということです。

事件の概要

  • 発生日時:平成27年10月11日(日)午前4時50分ごろ
  • 発生場所:愛知県名古屋市北区鳩岡2丁目のマンション駐車場
  • 被害:現金9,120円
  • 負傷者等:顔などを殴られ出血。(程度は不詳)

犯人の特徴

  • 年齢:30歳くらい
  • 身長:170センチくらい
  • 体型:中肉
  • 服装など:髪の毛は茶髪で、灰色のトレーナーにジーパンを着用。

強盗致傷罪の刑

刑法240条の罪。無期又は6年以上の懲役で、死亡させたときは死刑又は無期懲役が規定されている。ただし平成16年の改正で、酌量減軽後の下限が3年となり執行猶予を付けることが可能になっている。

情報の提供先

  • 愛知県警北警察署:052-981-0110
関連記事