清須市西枇杷島の寺で強盗傷害

平成28年10月12日(水)未明、愛知県清須市西枇杷島町のお寺に男が侵入し、住職を殴り逃走する強盗傷害事件が発生。

住職は軽いケガを負っているとのことです。また室内にが荒らされた形跡があるとのことです。

事件の概要

  • 発生日時:平成28年10月12日(水)午前1時ごろ
  • 発生場所:愛知県清須市西枇杷島地内
  • 被害:確認中(室内が物色された形跡)
  • 負傷者等:住職が軽傷

犯人の特徴

  • 性別:男
  • 年齢:不詳
  • 身長:170センチから175センチくらい
  • 服装など:黒っぽい服装で、マスクをしていた。

目撃情報などの通報先

  • 西枇杷島警察署(愛知県警):052-501-0110
愛知県内の侵入窃盗発生状況

愛知県警が公表しているデーターでは、県内の侵入窃盗発生件数は、5,333件(1月から9月)です。このうち住宅への侵入被害は3,131件です。

警察署別の多い地域

侵入窃盗件数(1月から9月)

  1. 一宮署:357件
  2. 豊田署:300件
  3. 愛知署管内(日進市、東郷町など):291件
  4. 津島署:213件
  5. 春日井署:205件
  6. 守山署:201件
  7. 豊橋署:194件
  8. 半田警署:194件
  9. 西枇杷島署:189件(清須市など)
  10. 東海署:179件

※毎年10月11日から20日の10日間を「全国地域安全運動」期間と定め、防犯の関する啓発活動を行っています。

関連記事