大洗町でサーフィン中に車6台の盗難被害

平成29年10月9日(月)午後、茨城県大洗町の「大洗サンビーチ」の駐車場で、サーファー6人がとめていた乗用車など6台が盗まれる被害が発生。

盗難被害の概要

  • 発生日時:平成29年10月9日(月)午後2時から4時半ごろの間
  • 発生場所:茨城県東茨城郡大洗町大貫町地内
    (大洗サンビーチの駐車場)
  • 被害:乗用車など6台が盗まれる(被害金額はあわせて約1000万円)
  • その他:被害にあった車は、いずれもカギをかけていたものの、カギを車の下に隠すなどしていたとのことで、カギを使って乗り去った可能性があるとのことです。

茨城県の自動車盗難は全国ワースト1

平成28年に県内で発生した自動車の盗難被害は1,590件(未遂を含む)で、人口10万人当たりの発生率は10年連続で全国ワースト1です。

全国での自動車盗難被害の認知件数は、1万1,655件(10万台あたり15.1台)です。

▼屋外駐車での盗難対策は、タイヤロックやハンドルロックが効果的です。犯行グループから、愛車をターゲットにされないことが大切。

盗難対策にタイヤロックを

盗難対策にタイヤのロックを!

自動車の盗難を防ぐ!(対策アイテム)>>

不審者・目撃情報の通報先
  • 水戸警察署(茨城県警):029-233-0110
関連記事
トップへ戻る