サメの目撃・出没情報(2017年)

2017年(平成29年)にサメの目撃・出没情報がある海域(海水浴場やサーフスポットを含む)をまとめています。

サメは海水温が高いほど北上することが多くなるそうです。ニュース情報、自治体、観光協会などが発表する情報に注意が必要です。

海水浴場以外での遊泳は行わない、ケガなどで出血している方、生理中の人も海に入らないようにしましょう。

平成29年7月23日現在の情報です。

報道された情報、自治体から発表された情報を要約して掲載しています。(随時更新)

北海道・東北・関東・甲信

日立市の「久慈浜海水浴場」にドチザメ

追記:7月21日に遊泳禁止は解除されています。

  • 日時:7月19日(水)午前10時ごろ
  • 場所:茨城県日立市久慈町の「久慈浜海水浴場」
  • サメの種類:海岸付近で30匹ほどが泳ぐのを確認。「ドチザメ」とみられています。
  • その他:同海水浴場は15日に海開きしていますが、海水温が低いため遊泳禁止となっており、海水浴客はいなかったとのと。また日立市では念のため防護網の設置を検討。

ドチザメ(wikipediaから要約)

日本近海から東シナ海にかけての沿岸に生息する全長1.5mほどのサメ。比較的水深の浅いところを好む。人を襲うことはない。

ドチザメ

出典:wikipedia

男鹿市の沖合にシュモクザメ

  • 日時:6月27日(火) 午後2時頃
  • 場所:秋田県男鹿市船川港船川の「船川防波堤灯台」から南へ約3.7キロ
  • サメの種類:シュモクザメ

東海・北陸

東伊豆町の「熱川YOU湯ビーチ」でサメ

  • 日時:7月20日(木)午後5時頃
  • 場所:静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本の「熱川YOU湯ビーチ」。砂浜から10メートルほどの場所で目撃。沖合いに泳いでいったとのことです。(同海水浴場は22日に海開き)
  • サメの種類:メジロザメの仲間とみられています。
  • 体長:体長約2メートル
  • その他:ライフセーバー(常駐)などがパトロールを強化。

メジロザメ(wikipediaから要約)

平均体長は1.8m以下。小さな餌を好むことと、ビーチや海の表面にあまり近づかないことから、人間に対する危険性はほとんどない。ただしやや大型のサメなので、全く危険でないとは言いきれないので、手だしすべきではない。

エイや小型のサメも捕食対象になる。夜間、活発に泳ぎ回って餌を探す。

浜名湖で定置網にシュモクザメ

目撃情報ではありませんが、4月に静岡県浜松市西区雄踏町の浜名湖内で定置網にかかって死んでいるシュモクザメ(ハンマーヘッドシャーク)が見つかっています。

浜名湖でシュモクザメが見つかったのは初めてです。(837種目の生物として登録)

美浜町大字野間(若松海岸沖)

  • 日時:2月17日(金) 午前11時頃
  • 場所:愛知県知多郡美浜町大字野間(若松海岸沖40メートル)
  • サメの種類:不明
  • 体長:体長約5メートル~6メートル
  • その他:愛知県が発表した情報です。

近畿・中国・四国

松江市美保関の沖合でシュモクザメの目撃

  • 日時:7月22日~23日
  • 場所:島根県松江市美保関町の地蔵崎(沖合4キロ~5キロの沖合い)
  • サメの種類:体長1.5メートルから3メートル程度のシュモクザメ(7、8匹)
  • その他:付近の「北浦海水浴場」(松江市)などでは、監視を強化するとのことです。

九州・沖縄

日南市の「風田海岸」でサメ

  • 日時:7月23日(日) 正午頃
  • 場所:宮崎県日南市の「風田(かぜた)海岸/風田浜」
  • サメの種類:不明
  • 状況:風田海岸の数か所で、体長2メートルほどのサメの群れを確認。同海岸ではサーフィン大会が開かれていましたが中止になっています。

関連記事

サメ関連

水難事故関連

その他

トップへ戻る