花粉の飛散予想(2017年)

平成29年2月から4月の花粉飛散(スギ・ヒノキ)は、東海より西の地域で多くなる予測。前シーズンより3倍近い地域も!

春の花粉飛散量は、前年夏の気温・天候に影響を受けます。今年の飛散量は、東海、近畿、四国、中国、九州で前シーズンの2倍を大きく上回る予想が出ています。

飛散の開始時期は、福岡で2月上旬ごろからの予想となっています。

花粉症

花粉飛散のピークは?

スギの花粉

福岡 2月下旬から3月上旬
高松 3月上旬から3月中旬
広島 3月上旬から3月中旬
大阪 3月上旬から3月中旬
金沢 3月中旬から3月下旬
名古屋 3月上旬から3月中旬
東京 3月上旬から3月中旬
仙台 3月中旬から3月下旬

ヒノキの花粉

福岡 3月中頃から4月初め
高松 3月末頃から4月中頃
広島 4月初めから4月中頃
大阪 3月末頃から4月中頃
金沢 ****
名古屋 4月中旬
東京 4月上旬から中旬
仙台 ****

飛散の多い地域は?

 

花粉の飛散量

飛散量の予測

近畿地方では、2016年春より3倍近い飛散が予想されています。

昨年(2016年)の夏は、西日本以西で気温が高く、晴れの日が多かった(日照時間が長い)影響で、スギなどの花芽の発育が良く、前シーズンを大きく上回る予想になっています。

※関東・甲信などは、曇りの日が多かったため、前シーズンより少ない予想です。北海道も台風などの影響で降水量が多かったため、前シーズンより少ない予想です。

地域 前シーズン比
東海 +240%
近畿 +290%
中国 +170%
四国 +260%
九州 +270%

2016年のスギ雄花花芽調査

スギ雄花花芽調査を実施した結果、スギ雄花の着花量については、昨年同時期と比較して全国的に多く(関東地方及び四国地方を除く)、例年と比較しても、近畿地方及び九州地方はやや多い状況にあることが観測されました。なお、関東地方は、例年と比べてもスギ雄花の着花量がやや少ない状況にあることが観測されました。

出典:環境省

スギ雄花花芽(雄花着花量)

東海より西で前年比2倍以上の地域。飛散量は、この他に夏の天候が影響します。

  1. 静岡県:3.47倍
  2. 福岡県:2.61倍
  3. 岡山県:2.35倍
  4. 山口県:2.33倍
  5. 島根県:2.17倍

※データー出典:環境省

トップへ戻る