新幹線の車内にヘビ。 浜松駅に臨時停車

平成28年9月26日(月)午前、東海道新幹線の東京発広島行き「のぞみ103号」の車内に、蛇(ヘビ)がいるのを乗客が見つけ、臨時停車したJR浜松駅で警察官が捕獲。

ヘビは体長30センチほどで、ニシキヘビと見られています。乗客にケガなどはないとのことです。

追記

  • ヘビの種類は「シマヘビ」とのことです。
  • ヘビの種類などは不明との報道です。

概要

  • 発見日時:平成28年9月26日(月)午前10時ごろ
  • 発見場所:「のぞみ103号」12号車の中央付近で、イスと壁の隙間
  • ヘビの種類:シマヘビ
  • 全長:約30センチ

シマヘビ

全長80-150cmのヘビ。無毒ではあるが、歯は鋭く、咬まれると痛い。他のヘビに比べ動きも素早く、油断すると危険。

wikipediaから