山形市の「山形県県民の森」でスズメバチに刺される被害

平成29年10月5日(木)午後、山形市と山辺町にまたがる「山形県県民の森」で、園児8人がスズメバチに刺される事故。

8人は病院で手当を受け、いずれも軽症とのことです。「クロスズメバチ」とみられています。

概要

  • 発生日時:平成29年10月5日(木)午後1時半ごろ
  • 発生場所:山形県山県市と東村山郡山辺町にまたがる「山形県県民の森」
    ※広場近くの遊歩道
  • 被害:園児8人がハチに刺され軽症
  • 種類:クロスズメバチ

▲山形県県民の森付近の地図

クロスズメバチ

体長センチ程の小型のスズメバチ。全身が黒く、白または淡黄色の横縞模様が特徴。北海道、本州、四国、九州、奄美大島に分布。

攻撃性はそれほど高くなく、毒性もそれほど強くはないものの、注意が必要です。

クロスズメバチ

出典:wikipedia

関連記事
トップへ戻る