岡山県の特殊詐欺被害額が10億円を超える|2013年

平成25年に県内で発生したオレオレ詐欺や金融商品取引と偽る手口で現金をだまし取る「特殊詐欺」の被害が過去最悪を記録。

岡山県内での11月末までの被害額は131件(被害額:10億7300万円)。高齢者の被害が目立ち、レターパックでの郵送など金融機関を利用しないで現金を授受する「直接型」の手口が増加している。年代別では被害者の7割超が60歳以上の高齢者になっている。

<被害の概要>

  • オレオレ詐欺:57件(2億7700万円>
  • オレオレ詐欺以外の特殊詐欺(未公開株や社債購入など):74件(7億9600万円)
  • 上記のうち、「金融商品取引詐欺」が54件(5億5750円)