茨城県の特殊詐欺被害が過去最悪。被害額が15億円を越える。

茨城県内で2013年に発生した振り込め詐欺などの特殊詐欺被害が前年比2.3倍の290件。深刻な状況です。

平成25年の特殊詐欺の認知件数は290件(前年比約2.3倍)、被害総額は15億8924万9千円(同2・8倍)。統計を開始以来最多の被害状況になった。1件当たりの被害額は平均約548万円で前年の約457万円から増加しており、1件の最高額は8100万円だった。

首都圏に近い県南地域の高齢者が狙われている!

被害者の9割が65歳以上の高齢者で、約半数が茨城県南地域の方だった。

茨城県での詐欺発生状況

①手口の内訳 ※クリックで拡大表示

茨城県内の詐欺手口

欺手口の内訳(2013年)

②詐欺手口の比率 ※クリックで拡大表示

詐欺手口の比率(2013年)

詐欺手口の比率(2013年)

現金受け取りの手口では、自宅訪問や他県への呼び出しなどで現金を手渡しで受け取る「手渡し型」が132件と最多。(前年の25件から急激に増加)

■■茨城県警察振り込め詐欺対策室■■

029-301-0074

茨城県の詐欺被害防止チラシは、こちらから(PDFで表示)