富山県内の特殊詐欺被害が過去最悪!被害総額4億5千万円(平成25年)

2013年の富山県内で発生した特殊詐欺の被害は、平成24円に比べ11件増加し69件。被害総額は 同約3380万円増加の約4億5150万円と過去最悪。

オレオレ詐欺だけでなく、金融商品取引やギャンブル必勝法情報提供を名目にした詐欺が目立ち 、被害者の7割以上が65歳以上でが51人。

被害の概要

  • 振り込め詐欺は7件増の31件で、被害総額は約1億5100万円(前年比:6970万円増)。
  • 上記のうち、架空請求詐欺が17件、約1億2010万円を占める。

受け渡しの手口は?

現金自動預払機(ATM)で振り込ませる手口が全体の28%で、2011年の59%から減少。被害者宅で直接受け取る手口が23%から38 %に増加し、宅配便などで現金を郵送させる手口は3%から22%に大きく増加している。

富山県内では、振り込め詐欺など特殊詐欺の通称名称を公募し、決定しています。

  1. 最優秀作品:「もうかるちゃ詐欺」
  2. 優秀作品:「なりすまし詐欺」、「たのんちゃ詐欺」
  3. 佳作:「つけ込み詐欺」、「必ずもうかるちゃ詐欺」、「パニック詐欺」