宅配便で8000万円の詐欺被害|福岡県

福岡県警南署は1月17日、同市南区の無職女性が振り込め詐欺(架空請求)の被害に遭い、約8000万円をだまし取られたと発表。

被害の概要

  • 発生日:平成25年12月5日ごろ
  • 被害者:福岡市南区の無職女性(83)
  • 手口:「あなたの個人情報が漏れている」と電話があり、その後、「警視庁公安委員」などを名乗る複数の男から「あなた名義で放射線測定機が購入され、刑事問題になった」「3000万円を支払えば警察に連れて行かれることはない」などと電話。
  • 女性は12月6~24日にかけて計8002万円を福岡市内のコンビニエンスストアから、関東地方の住所に宅配便で送付させる。

※平成25年の福岡県で発生した振り込め詐欺被害は124件、約3億9300万円で過去5年間で最悪の状況。

福岡県では、特殊詐欺被害防止コールセンターを運用中です。

  • 実施期間:平成26年1月14日~平成26年3月31日。
  • 特殊詐欺被害防止コールセンターの電話で通知される発信者番号。
    0120-103ー370

コールセンターでは次のようなことを指示することは絶対にありません!!

  • 通帳やキャッシュカードなどの番号暗証をたずねる 。
  • 通帳やキャッシュカードを警察官銀行職員に預ける よう指示する。
  • 預金を 預金を 引き出すように指示したり、 別の口座に移すよう指示る。
  • 業務日・時間外に電話をする 業務日・時間外に電話をする。