振り込め詐欺グループのリーダーを組織犯罪処罰法違反で逮捕!

過去の詐欺被害者に、被害回復を持ち掛け現金をだまし取ったとして、東京都大田区西蒲田の会社役員を組織犯罪処罰法違反で逮捕。

逮捕された容疑者は34都道府県で、被害総額約10億円の特殊詐欺を働いた6集団を束ねていたリーダー。振り込め詐欺事件の多くでは、現金の受け取り役など末端メンバーだけが逮捕されるケースがほとんど。刑法の詐欺罪(10年以下の懲役)より罰則が重く、最高刑が懲役20年の組織的詐欺容疑で、逮捕するのは全国で初めて。

組織的犯罪処罰法とは?

「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律」の通称。組織的に行われた殺人や詐欺事件などの犯罪に対する処罰を強化し、犯罪収益の没収を行い、組織的な犯罪を根絶することを目指している。