「個人情報流出」が流出とウソ。440万円騙し取る。

埼玉県草加市の女性が被害。

被害の概要

  • 被害発生場所:埼玉県草加市
  • 被害者:女性(81歳)
  • 被害額:440万円

手口

  • 架空の団体「国民支援センター」を名乗る職員から、個人情報が流出していると指摘する電話。
  • 翌12日午前、電話で「あなたの名前で不正な入金処理が行われたため、現金が必要」と電話。
  • 同日夜、自宅に来た男に440万円を手渡した。

1回目の電話ではお金を要求せず、2回目以降にお金を要求しているようです。また蓮田市では、息子の会社の上司を名乗る男から「息子さんが小切手が入った荷物を忘れたので金を用意して」とウソを話し、100万円を騙し盗られています。