「振り込め詐欺」の増加で、愛知県警が対策プロジェクト専門チームを発足

愛知県内で振り込め詐欺などの「特殊詐欺」の被害が急増しているため、愛知県警は「特殊詐欺対策緊急プロジェクト」の実施を発表。

愛知県内の特殊詐欺被害は、2014年(平成26年)に約36億円に上り、統計を取り始めた2004年以降で最悪の状況。「特殊詐欺対策緊急プロジェクト」は、部署の垣根を越えた専従チームを置き、検挙と抑止の両輪で被害の撲滅を目指します。

プロジェクトの概要

だまされた振り作戦で、犯人の検挙を強化。

刑事部捜査2課に加え、同捜査1課特殊犯罪捜査室、犯罪抑止を担当する生活安全部などの専門チームを結成。また情報も本部で一元化して摘発を強化する。また金融機関を利用する高齢者らに、小切手の使用を呼びかけるなど、被害の水際防止策を強化します。

愛知県警の特殊詐欺に関する取り組みは、下記公式サイトをご覧ください。

http://www.pref.aichi.jp/police/anzen/furikome/index.html

関連記事:オレオレ詐欺など「特殊詐欺」の被害額が559億円(平成26年)

詐欺に関するニュース一覧