北海道「清水高等学校」の卒業名簿を悪用した詐欺などの不審電話が増加

清水高校(北海道上川郡清水町)卒業生の実家に、息子を名乗る男から、特殊詐欺(オレオレ詐欺)の不審電話が増加しています。

平成27年3月27日(土)には、清水町内の60歳代の女性が100万を騙しられる被害も発生しています。十分にご注意ください。また北海道警によると、昨年(平成26年)1年間の特殊詐欺被害は、259件約12億5千万円と過去最悪を記録。今年も3月25日現在で、82件(約3億7千万円)の被害が発生し、昨年を上回るペースです。

不審電話の内容

平成27年3月26日から増加

  • 「耳の後ろにしこりができたから病院へ行く」
  • 「夫のいる女を妊娠させてしまった。弁護士を立てて示談交渉するのにお金が必要。100万円貸してほしい」
  • 「喉の調子が悪い。携帯電話が壊れたので会社の携帯を使っている」

など

いずれも清水高校の卒業名簿を悪用している可能性があり、帯広署、新得署は、注意を呼びかけています。

相談

北海道内では、振り込め詐欺等の「特殊詐欺」が平成27年3月1日から25日までに42件発生しており(被害総額は約2億1000万円)激増しています。3月27日には、北海道内全域に、初の「特殊詐欺警報」が発令されています。

詐欺に関するニュース一覧

詐欺被害防止チラシ

詐欺被害防止チラシ(PDF)
A4サイズで印刷できます。
ご自由にお使いください