栃木県鹿沼市で投資詐欺被害

太陽光発電関係の投資ファンドを装った詐欺で、1600万円の被害。

被害の概要

詐欺グループによる、連携詐欺です。ターゲットを架空のトラブルに落としいれ、不安を与えることで現金を騙し取る手口。

  • 鹿沼市の女性(74)に太陽光発電関係の投資ファンド募集のパンフレットを郵送。
  • パンフレットを見た女性に、投資家を名乗る者から、代理で投資するから名義を貸して欲しいとの連絡。(パンフレットを送った犯行グループから。)
  • 同じく犯行グループがファンド会社を装い、「投資家が二重取り引きをしており、関係者として財産を差し押さえられる」などと連絡。
  • 女性はトラブル解決名目で、相手の求めに応じて計3回1600万を宅配便で送る。

関連時事

太陽光発電への投資を装った詐欺が増加。