トラブル解決名目で現金約1500万円の架空請求被害|神奈川県藤沢市

老人ホームの建設に関する債券を販売するので、名簿にある名前(債権)を買い取らせて欲しいと詐欺。

<被害の概要>

  • 発生日時:11月8日
  • 発生場所:神奈川県藤沢市
  • 被害者:80代女性
  • 被害金額:1500万円

<詐欺の手口>

  • 老人ホームの建設にあたり、市内在住者に債券を販売することになったとウソの話しを持ち掛ける。
  • 名簿にあなたの名前(被害者)が載っている。代わりにうちの会社その債権を買わせてほしいと連絡。
  • 債券発行会社の社員を名乗る男から「個人向けの販売なのに企業からお金が入っている。金融庁の調査が入り、あなたの口座が封鎖される」と連絡。
  • その後、証券会社社員を名乗る男へ電話確認すると、「あなたから1500万円を振り込まないとインサイダー取引になってしまう」などと言われ、お金を要求。
  • 3回に分けて指定された場所へ現金を郵送した。

今年9月以降、神奈川県、静岡県で投資目的の詐欺が急増しています。充分な注意が必要です。