振り込め詐欺の被害が約182億円で、過去最悪|平成27年上半期

平成27年(2015年)1~6月に、全国の警察が把握した「振り込め詐欺」の被害額が182億5381万円を記録。過去最悪だった2008年上半期の約167億円を上回り、深刻な状況が続いています。

詐欺の手口としては、「おれおれ詐欺」と「架空請求詐欺」が増加しており、全体の被害額を押し上げている。昨年(平成26年)上半期の確定値より約20億円増加しており、5年連続で増え続けています。

※平成26年(2014年)の年間被害額は、約559億円。

手口の内訳|2015年1月~6月

  • オレオレ詐欺:約84億円
  • 架空請求詐欺:約83億円(ウソの投資話などを含む)
  • 還付金詐欺」は約12億円
  • 融資保証金詐欺:約3億円
平成27年(上期)の振り込め詐欺被害

振り込め詐欺被害額の推移
(上半期)

関連記事

対策関連

怪しい電話に注意

188番