宮城県で「特殊詐欺注意報」の運用を開始

宮城県警は「特殊詐欺」の被害を減らすため、平成27年10月27日から、不審電話が相次いだ際に「特殊詐欺注意報」を発令。県内の被害額は、昨年1年間の被害額(約10億円)上回るペースで推移しており、深刻な状況が続いています。

宮城県内での振り込め詐欺還付金詐欺架空請求などの「特殊詐欺」被害額は、7億6335万円(1月~10月22日)で、過去最悪の状況。前年同期比でも8884万円増加しています。

特殊詐欺注意報の概要

  • 運用の開始:平成27年10月27日(火)
  • 発令基準:特定の警察署管内で同じ手口の不審電話が2件以上、確認された場合。
  • 発令時間:平日午前10時~午後3時
  • 告知方法:「みやぎセキュリティメール」や宮城県警のホームページで告知。

下記より「特殊詐欺注意報」の発令状況を確認できます。

  1. 宮城県警のホームページ:http://www.police.pref.miyagi.jp/|外部リンク
  2. 宮城セキュリティーメールは、こちらから(登録など)|外部リンク

不審電話

宮城県内の詐欺被害状況

関連ページ

詐欺に関するニュース一覧