不正が発覚したとウソの情報で詐欺 1400万円被害|埼玉県

草加市の無職女性(84)が現金1400万円をだまし取られる。

被害の概要・手口

概要

  • 発生場所:埼玉県草加市
  • 発生日:平成25年12月
  • 被害者:女性(84)
  • 被害金額:1400万円

手口

ウソの情報で現金を騙し取る手渡し型詐欺です。被害女性が株投資を行っているなどの情報が悪用された可能性があります。

被害女性に証券会社員を名乗る男らから「あなたが買った製薬会社の株で不正取引が発覚した。キャンセルするには500万円必要」などと繰り返し電話をし、東武伊勢崎線草加駅前で4回にわたり、製薬会社員を名乗る男に計1400万円を手渡した。

不審な電話に注意!

その電話、怪しくありませんか?

2014年も特殊詐欺には気をつけましょう。

今年に入ってからも、山形県村山地方などで、レターパックで現金を送付させる手口で、3件の詐欺被害(計9500万円の被害)が報告されています。さらには、山梨県市川三郷町では、2013年12月上旬、医療関連会社を装ったパンフレットが届き、「がん研究の投資をしてほしいと持ちかけられ、計1,000万円を騙し取られる投資詐欺も発覚しています。

不審な話しはすぐに警察へ相談しましょう。