ゴミ収集車の火災は年間約700件。スプレー缶の廃棄に注意!

ゴミ収集車の火災件数は、年間で約700件発生。このうちスプレー缶や小型ガスボンベが原因となった火災は、約170件です。

※環境省による平成26年度の全国調査。

ゴミ収集車の火災

スプレー缶などを捨てる際には、ガスを使い切ったうえで分別を徹底するよう、呼びかけています。

スプレー缶、ガスボンベの処分方法

卓上コンロのガスボンベや整髪料、殺虫剤などのスプレー缶の処分方法です。

缶に穴を開ける方法は、危険が伴います。

  1. 放出したガスに引火して火災になる危険性。(死亡事故の事例もあります)
  2. 換気の悪い場所では、ガスを吸い込むことで健康被害を及ぼす危険性。
  3. クギなどで穴を空ける場合は、ケガをする恐れ。

スプレー缶の穴空けはダメ

※一部の自治体では、缶に穴を空けることを定めている場合があります。しかし環境省は各自治体に対し、穴を開けずに回収することを求めています。

ガスを使い切ることが推奨されています。

  1. ガスボンベなどは、放出口を下にして地面などの硬い部分に押し当てるなどして、残っているガスを完全に抜きます。
  2. 殺虫剤などのスプレー缶についても、屋外で噴射ボタンを押し続けて中身を出し切る。る。

いずれも風通しの良い屋外で行うこと!

完全にガスを放出したら、各自治体の定め(不燃ごみの処分規則など)に従い処分します。

処分方法に不安や危険を感じる場合

消防署や自治体によっては、引き取りを行っている場合もあります。役所等へご相談されることをおすすめします。

関連記事
トップへ戻る