伊勢市で不審火による火事。連続放火の可能性も。

平成29年3月1日(水)夜、三重県伊勢市神久1丁目で空き家が全焼する火災が発生。

前日の2月28日(火)の午前0時過ぎに、現場から約500メートル離れたお寺の柱が焼ける火事、同日の午後9時過ぎには、空き家が全焼する火事が発生しています。(伊勢市吹上地内)

警察は連続放火の疑いもあるとみて捜査しています。

追記

  • 神久地内の空き家が全焼した事件で、イギリス国籍で伊勢市吹上のワン・ポール容疑者(52)が逮捕されました。

火事の概要

  • 発生日時:平成29年3月1日(水)午後8時50分ごろ
  • 発生場所:三重県伊勢市神久1丁目地内の空き家
  • 被害:木造平屋建ての建物が全焼
  • 負傷者など:なし
  • 出火原因:不詳

▲三重県伊勢市神久1丁目の地図(Googleマップ)

目撃情報・不審者などの通報先

  • 伊勢警察署: 0596-20-0110

過去10年間で出火原因の1位は、放火(または放火の疑い)で平均約18%です。連続する場合も少なくなく、地域での防火対策、情報の共有が大切です。

春の火災予防運動

3月1日から7日まで「春の全国火災予防運動」です。(全国の火災発生状況など)

全国の統一標語は、『消しましょう その火その時 その場所で』です。
3月は建物火災がもっとも多く発生しています。

春の火災予防運動

出典:消防庁

トップへ戻る