名古屋市で郵便受けにロケット花火や爆竹が投げ込まれる被害

平成29年6月下旬から、名古屋市瑞穂区、熱田区などで集合住宅の郵便受けに、ロケット花火や爆竹が投げ込まれる被害が数十件発生しています。

名古屋市に隣接する東海市や清須市でも被害が発生しており、十分な注意が必要です。
警察は器物損壊や軽犯罪法違反などの疑いで捜査しています。

事件の概要

  • 発生時期:平成29年6月下旬頃から
  • 犯行時間:午後7時から午後9時の犯行が最多。深夜1時ごろの犯行も出ています。
  • 被害:マンションや市営・県営住宅で、ドアの郵便受けに火のついたロケット花火や爆竹が投げ込まれる。これまでに火災になったケース、人的被害は発生していません。

被害の発生地域

8月末までに名古屋市内および隣接地域で、30件以上の被害が出ています。

  • 瑞穂区(約10件)、熱田区(約7件)、港区など7つの区
  • 東海市、清須市
トップへ戻る