埼玉県ふじみ野市と川越市で連続放火(不審火)

埼玉県ふじみ野市北部および川越市南部で、平成26年8月28日(木)夜から29日(金)未明にかけ、少なくとも21件の不審火が発生しています。

<追記>放火事件現場の近くに住む無職・中久喜元容疑者(26)(同市大原1丁目)が器物損壊容疑で逮捕されました。

東武東上線の上福岡駅周辺から新河岸駅周辺にかけての約3キロの範囲で、袋に入ったごみや自転車などが焼ける事件が発生。東入間署と川越署は連続放火の疑いもあるとして捜査しています。

不審火の発生状況

  • 発生場所:埼玉県ふじみ野市北部および川越市南部
  • 発生期間:2014年8月28日(木)深夜~29日(金)未明

発生状況

  1. 28日(木)午後10時35分ごろ、ふじみ野市東久保1丁目で、自転車の前かごが燃える。
  2. 29日(金)午前0時45分ごろまでに、鶴ケ舞2丁目、福岡武蔵野、上福岡1丁目、大原1~2丁目で、自転車やバイク、ごみなどが焼ける。
  3. 29日(金)午前1時5分ごろ、川越市稲荷町の住宅敷地内でごみの入った袋が燃える。(清水町、稲荷町、砂でも同様の不審火が発生)

また8月16日(土)~17日(日)の夜間には、富士見市、三芳町などでも連続不審火が19件発生しています。

<追記>放火事件現場の近くに住む無職・中久喜元容疑者(26)(同市大原1丁目)が器物損壊容疑で逮捕されました。

<付近の地図>

付近の方は、十分にご注意ください。また不審者に対する声賭け、住宅の周りに燃えやすいものを置かないなどの対策が必要です。

放火は重罪です。

現住建造物等放火罪(刑法108条)

現住建造物等放火罪の法定刑は死刑、無期懲役、5年以上の有期懲役と規定。現行法上では、殺人罪(刑法199条)と全く同等の法定刑を有する重罪です。