詐欺サイトに注意!ネット通販の相談が急増

偽のインターネット販売サイトで代金を騙し取る「詐欺サイト」によるトラブルが急増。

有名なネット通販サイトのデザインをコピーしたり、名前を使い、商品販売を見せ掛けて代金を騙し取る手口。海外の組織によるものが多い。

相談件数などの概要

  • 日本通信販売協会が開設する「通販110番」への相談件数は、4309件。(2013年4~9月は前年同期比57.1%増)
  • このうち、詐欺サイトに関する相談は1701件で、前年2012年度全体(1036件)を大きく上回っている。

対策

  • 不振なサイトでは、電話をして実在を確認。
  • 事前に商品代金の支払いは避ける。代金引換を推奨。詐欺サイトでは、カード決済がほとんど使えない。銀行振り込みで前払いを要求される場合が多い。

その他

公益社団法人 日本通信販売協会(JDMA)

通販110番 消費者相談窓口 電話番号:03-5651-1122(月~金曜日 午前10~12時,午後1~4時(年末・年始、祝・祭日除く))

<被害にあったら>

各都道府県のサイバー犯罪相談窓口

http://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm (外部リンク)

<関連記事>

ネット通販サイトでの詐欺被害が急増。被害相談は、昨年(2012年)の7倍近く

コメ兵の偽サイト(詐欺)のHPのURL

国民生活センターの相談番号

国民生活センターの相談番号