位置情報の公開には注意!(iphoneなどスマホで撮影した写真)

ブログ・フェイスブックに掲載した写真の情報を悪用される危険性!

スマートホンなどで撮影した写真をブログやフェイスブック等のSNSで公開した場合、その写真に記録された様々な情報を悪用される危険性があります。公開された写真を保存してプロパティ情報から、撮影日時、場所(緯度・経度)、撮影したカメラの情報などを見ることができます。

スマートホン搭載のカメラ、または最近のデジカメで撮影した写真には、様々な情報が記録されます。

写真のプロパティ情報

スマートホンに限らず、最近のデジカメでGPS機能搭載の機種では、記録されます。

情報を知られたくない場合は、カメラの設定で記録しないか、保存した写真のプロパティ情報を削除する必要があります。

プロパティの個人情報削除

写真の位置情報を悪用される場合も考えましょう。

ブログやフェイスブックに掲載した画像からは、下記のような情報も読み取れます。

  • 商品写真の場合、その商品に記載された内容から場所を特例。(市販の弁当など)
  • 写真に映り込んだ風景。(駅や看板、店など)

ストーカー犯罪や最近では空き巣のターゲットに、これら位置情報を悪用されるケースも発生しています。

またこのプロパティ情報は、画像アップローダー(イメピクなど)を使っても写真を保存されれば、閲覧可能になります。

関連記事