WordPressで500エラー。プラグイン(WassUp)が原因の場合も。

WordPress(ワードプレス)を使ったサイトで、プラグインの更新を行ったあと、「500 Internal Server Error」が発生した場合、まずはプラグインを疑ってみましょう。

500エラーは内部サーバーエラーです。

この記事はサイトテーマとは無関係ですが、備忘録として残して置きます。

症状

  • 症状:admin画面が表示されず、500 Internal Server Errorとなる。
  • 原因:簡易アクセス解析のプラグイン「WassUp Real Time Analytics
  • 対処:同プラグインの削除で復旧。

WassUp自体に原因があるのか、他プラグインとの競合が原因なのかは調べていません。アクセス解析用プラグインは他にも多くあります。評価の高いプラグインを探しましょう。

WassUp Real Time Analytics

WassUp Real Time Analytics

拡大表示

今回は上記プラグインが原因でした。

プラグインはサポートや更新が停止しているもの、テーマや他のプラグインと競合して正常に動作しないものがあります。