I・Oデーター機器のネットワークカメラに脆弱性

I・Oデーター(アイ・オー・データ)機器が販売するネットワーク監視カメラ「TS-WRLP」と「TS-WRLA」で、不正ログインによる脆弱性情報が発表されています。

無線LAN対応ネットワークカメラ「Qwatch(クウォッチ)」シリーズの「TS-WRLP」および「TS-WRLA」が対象です。

脆弱性の概要

  • 発表:2016年11月30日
  • 内容:外部から不正にログインされ、任意のOSコマンドを実行されてサービス運用妨害、DoS攻撃を受ける危険性。

対象機種

  • 型番:TS-WRLP
  • 販売年:2016年
  • JANコード:4957180121857

▼製品の写真

TS-WRLP

出典:I・Oデーター機器


  • 型番:TS-WRLA
  • 販売年:2016年
  • JANコード:4957180121840

▼製品の写真

TS-WRLA

出典:I・Oデーター機器

対応

対応済みのファームウェアが公開されています。下記メーカーページ(外部リンク)をご参照ください。

関連記事
トップへ戻る