サメ対策グッズ(アイテム)

海水浴場やサーフスポットなどで、サメの出没情報も出ています。サメから身を守るために役立つアイテムをまとめています。

国内において事故例は少ないですが、地元の観光協会、自治体などに出没情報の確認をおすすめします。特に海水浴場以外は注意が必要です。当サイトでも情報を収集しています。

「楽天」、「amazon」でご購入できるアイテムです。

楽天市場をご利用の方

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 TOA 防滴メガホン (3W) ER-1103[ER1103]
価格:5540円(税込、送料無料) (2017/7/30時点)

▲拡声器。出没を知らせる、災害発生などを知らせる場合に役立ちます。防滴仕様です。多人数でのレジャーでは準備しておくと安心です。

▲800メートル先まで聞こえる大音量ホイッスル。危険を知らせる、助けを呼ぶ場合に役立ちます。

▲サメを近づけない磁気バンド。ダイビングやサーフィンをされる方に。(確実に避ける保証はないそうです)

参考

サメの頭部(鼻の周辺)には「ロレンチーニ器官」と言われる微弱な電流や電位差、磁場などを感じる機能があるそうです。獲物を探す機能の一つです。この鼻の周辺を刺激することで、動きを止めることが出来る場合もあるそうです。

wikipediaによると・・

乾電池などを海中に投入した場合、速やかに放電が起こるが、あまりにも近くで放電されると、サメは驚いて逃げてしまう場合がある。

もしサメを近くで発見したら、乾電池を投げ込むといいかも・・?同様に強い磁気を避ける傾向が一部の実験で確認されていますが、すべてのサメに効果があるかは検証されていません。(強い磁気だけなら、100円ショップで売っている強力マグネットでも期待できそうですね。)

また嗅覚は優れていますが、血液(1滴)の匂いを数キロ先から識別するほどではないそうです。

いずれにしても、科学的なエビデンスといったものは十分に確立されてないようです。

スポンサーリンク



amazonをご利用の方


▲拡声器。出没を知らせる、災害発生などを知らせる場合に役立ちます。防滴仕様です。多人数でのレジャーでは準備しておくと安心です。

▲大音量ホイッスル。危険を知らせる、助けを呼ぶ場合に役立ちます。

▲サメを近づけない磁気バンド。ダイビングやサーフィンをされる方に。(確実に避ける保証はないそうです。)

関連記事

トップへ戻る