夏から秋のスキンケア。ダメージ肌の対策

夏の紫外線で受けたお肌のダメージケア、スキンケアに最適なアイテムをまとめています。

スキンケア商品

レデオス

▲永久返金保証。レデオス消臭製品は「いますぐ消したい!」を叶えます。
単品購入または定期購入(回数の縛りなし)

▲製薬会社(第一三共ヘルスケア株式会社)の技術・品質で年齢肌にアプローチ。

▲ポーラ最高峰のB.A.(バイオアクティブ理論)品質。大人の毛穴ケアに最適。

スポンサーリンク



紫外線の強さと影響について

「紫外線=UV」には、3つの種類があります。UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)です。

このうちお肌に影響を与えるのは、UVAとUVBです。また曇りの日も晴れの日の約90%の紫外線が地上に届きます。

スキンケア

UVA(紫外線A波)特に注意が必要!

長波長の紫外線です。シミ・シワ・たるみの原因になります。エネルギーは弱いものの地上に到達する紫外線の95%を占め、1年を通じて影響を受けます。ピークは5月から9月です。

この紫外線は肌の深くまで届き、またお肌に長期的な影響を与えるため最も注意が必要です。

UVB(紫外線B波)

中波長の紫外線です。メラニン色素の沈着、シミやソバカスの原因になります。エネルギーが強く、短時間でお肌に影響を与えます。日焼けの原因になる紫外線です。

1日のうちでは、10時頃から15時頃に強い影響が出ます。海水浴などの屋外レジャーでは、十分な対策が必要です。

UVC(紫外線C波)

短波長の紫外線です。ほとんどが地上に届く前にオゾン層で吸収されるため、人への影響はありません。

トップへ戻る