「お試し価格」「初回無料」での健康食品、サプリメントの注文は慎重に!

健康やダイエット効果、美容などをうたい、初回限定価格などの広告で、通常より安い価格で商品を購入したところ、実際は定期購入契約だったというトラブルの相談が急増。

国民生活センターでは、契約の内容を十分に確認するよう注意喚起を行っています。

相談件数の推移

※「国民生活センター」の公表データーから抜粋(各年度)

  • 2011年:520件
  • 2012年:830件
  • 2013年:1471件
  • 2014年:1785件
  • 2015年:5620件
  • 2016年:1586件(4月と5月)

相談内容

初回無料やお試し価格などで、通常より安い価格で購入したが、購入者が自主的に解約しない限り定期購入扱いになってしまったなど。

初回限定価格に注意

定期購入が条件などの注意書きを見落とし、商品が送られてきて気づくケース。また初回購入後、定期購入を購入者が取り消す手続を行わない限り、自動で定期購入扱いになるケース。

また気づいたあとで、解約を申し入れようとしたが、事業者と連絡がつかないケースもあります。

注文内容・購入条件をしっかり確認!

消費者が誤認するような購入条件の記載もあるかと思います。購入時には、広告内容を十分に確認して。トラブルを避けることが必要です。

  1. 該当商品や販売会社を検索して、複数のサイトで評価(レビュー等)を確認。
  2. 「初回限定価格」、「お試し価格」などのキャッチフレーズだけで判断せず、広告記載内容を十分に確認する。

消費者相談窓口は、188番(国民生活センター全国共通)へ