「名古屋港花火」の交通規制(2016年)

第70回「海の日名古屋みなと祭」での交通規制の日時は、平成28年7月18日(月・祝)午後3時から午後10時です。交通規制の概要をまとめています。

花火大会は、午後7時30分から午後8時20分です。※荒天時中止

交通規制情報

  • 規制日時:平成28年7月18日(月・祝)午後3時~午後10時
  • 通行止め:江川線「築地口交差点」からガーデンふ頭交差点は、午後3時から全面通行止め。

通行止め区間

名古屋みなと花火大会の交通規制

拡大表示します。

花火大会の概要

※小型無人機「ドローン」飛行自粛のお願い
 みなと祭は、多数の花火見物客が集まります。花火撮影等の目的で小型無人機「ドローン」を飛行させた場合、落下により参集者に被害が及ぶことが懸念されます。祭会場及び周辺において「ドローン」の飛行は行わないようお願いします。

※江川線山車通行路の立ち入り規制について
花火大会とともに、会場のガーデンふ頭から地元学区による山車が繰り出されます。山車通行と花火見物客の安全確保のため、江川線上に立ち入り規制区域が設けられますのでご理解ご協力をお願いします。

大会事務局から

事故や事件に注意
  • 7月18日の天気(名古屋)は、くもりの予想です。急な天候の変化により、局地的な豪雨やカミナリが多い時期です。当日の天候を確認した準備も必要です。
  • 交通事故に注意しましょう。愛知県では20日まで「夏の交通安全県民運動」が実施されています。飲酒運転は厳禁です。
  • 混雑する場所では、スリや置き引きなどの盗難被害に注意が必要です。また盗撮などの被害にも注意しましょう。
関連記事