象印は「ガスボンベ」の自主回収を発表

平成29年2月2日、象印マホービンは販売した「ポータブルコンロ専用ガスボンベ」など、約36万本を自主回収すると発表。

製造は「日本瓦斯株式会社」で、微量のガスが漏れる可能性があるとのこと。現在までに事故などの発生はないとのことです。

自主回収の概要

  • 発表日:平成29年2月2日(木)
  • 対象製品の数量:約36万本
  • 製造期間:2011年12月以降に、日本瓦斯が製造した製品

製品名

  • ポータブルコンロ専用ガスボンベ
  • ポータブルミニコンロ専用ミニガスボンベ

型番

  • GB-123型(GB-12型3本セット) GB-12型(単品)
  • GB-052型(GB-05型2本セット) GB-05型(単品)

ガスボンベの写真

象印のガスボンベ(自主回収)

▲拡大表示(出典:象印)

問合せ先(製造元の日本瓦斯株式会社が窓口)
  • フリーダイヤル(無料)0120-239-055|受付時間9時~18時(平日・土曜・日曜・祝日)

※同社発表資料(PDF)|外部リンク

関連記事

トップへ戻る