富山県で子どもへの声かけ(不審者)が増加

富山県警によると、平成29年1月から3月末までに、不審者による「子どもへの声をかけ」が33件発生。

※前年の同時期より10件多く、過去5年間で最多となっています。登下校時に多く発生しており、年少者への指導、地域での見守りが大切です。

不審者による声かけ

昨年(平成28年)の発生状況

※富山県警の公表データーから出典

小学生以下

認知件数

  • 137件

おもな発生場所

  1. 路上:99件
  2. 公園:13件
  3. 駐車場:4件

おもな行為

  1. 声かけ:50件
  2. 撮影行為:19件
  3. つきまとい:18件

発生時間帯

  1. 15時~18時:51件
  2. 18時~0時:36件
  3. 0時~9時:19件

多く発生した月

  1. 5月、6月:19件
  2. 2月:18件
  3. 10月:17件
  4. 4月:15件
  5. 9月:13件

中学生

認知件数

  • 80件

おもな発生場所

  1. 路上:57件
  2. 駐車場:4件
  3. 公園:3件

おもな行為

  1. 声かけ:27件
  2. つきまとい:14件
  3. 身体露出:12件

発生時間帯

  1. 15時~18時:29件
  2. 18時~0時:24件
  3. 0時~9時、12時~15時:11件

多く発生した月

  1. 4月:17件
  2. 9月:13件
  3. 11月:10件
  4. 7月:9件
  5. 10月:8件
関連記事
子供の行方不明対策

GPSを利用した子供の見守り

トップへ戻る